超円高による産業空洞化

トレード収支結果【毎日】
09 /14 2011
FXで生活できるか?実証ブログ

最近の超円高で、よく耳にするのが産業空洞化…
では、産業空洞化とはなんぞや。

産業空洞化とは、日本の産業が、為替の変動や人件費の高騰などによって、他の国に生産拠点などを移転する。その結果として国内の産業が衰退することである。

最近の超円高で中小企業の間でも東南アジアなどの海外に生産拠点を移転する動きが広がり始めた。
(当然である。円が高いため、海外で生産した方がコスト削減となる)

大企業はもちろんのこと、中小企業も海外移転が加速すれば、雇用や技術の流出となり、これが空洞化となる。
※空洞化とは、構成していたものが消滅や移転などをすることによってそこが空き、「空洞」になる状態。

経済産業省が大企業と中小企業の約150社を対象に調査を行ったところ、現行水準(76円台)の円高が6ヶ月以上続いた場合は、大企業製造業で46%、中小企業でも17%が工場などを海外に移転すると回答した。

この超円高で輸出市場が縮小するなかで、「日本で生産していても生き残れない」と言うことだ。

どうなる日本。どうする日本。

私ら国民も他人ごとではない。雇用や景気に関わる重要問題。
個々に耐えられる資金を今のうちにと思うこの頃です。


9月14日(水)   「米ドル/円」33Lot - 「ポンド/円」17Lot

【米ドル/円】 0勝(+0pips) 0敗(-0pips) 合計(+0pips)
【ポンド/円】 1勝(+8pips) 0敗(-0pips) 合計(+8pips)

本日収支 : +13,600円

TOTAL資産 : 1,660,550円



本日のトレードは…
22時41分 (勝ち) 今日も逆N字型狙い


今日は見事に逆N字が的中しました。

ナイストレード。

しかし、ポンド悪すぎね。


2011年9月14日実証チャート