スワップ手法の進捗状況(5/24現在)

その他
05 /24 2014
スワップ手法の進捗状況

[スワップ手法とは]
 売り買い同額の両建てで、スワップ金利を目的とした貯蓄。
  ・為替リスクは、売り買い同額でトントンに。
  ・買いの+スワップ金利と売りの-スワップ金利の差額を利益に。
  ・まさに、リスクなしのスワップ金利獲得手法です。


・買い用口座:ライブスター証券 (スワップ1日+75円)

・売り用口座:DMM FX       (スワップ1日-60円)

※5月26日(月)適用スワップ(NZドル/円)
※その差額(1日15円) 10万通貨で1日150円の金利
※10万通貨で1年54,750円の金利

5月24日(土)現在

・14/05/09 NZドル/円 10万通貨 レート88.00

スワップ金利 : +4,130円

[詳細]
買い(ライブスター): 13,730円
売り(DMM FX):   -9,600円





スワップポイント付与カレンダー
FXブログ収支 2014年5月24日

コメント

非公開コメント

いつもは意見しております。
手法もさることながら、メンタル面の強さに驚かされております。

スワップ手法について質問させていただきたいです。

NZドルのレートが一方向に徐々に動いていくと一方の口座はプラスとなりますが、もう一方はマイナスとなり必要な証拠金額にせまってくると思います。

その場合は、プラスの方の口座から資金を移すのか、それとも別のところから追加するのか、またはいったん利確するなどいろいろあると思うのですが、どうのような戦略を立てていらっしゃるのか教えて頂きたいです。

lmoreさんへ

こんばんは。

為替差益が大きくなるとプラスの口座から出金してまわす予定です。
しかし、そこにはタイムロスが生じます。(3~4日ぐらい)

その間にロスカットにならないように、一部の資金をクイック入金できるようにストックしています。
そして、余裕をもって資金調整を考えています。

amkei

ご回答ありがとうございます。

タイムロスという問題もあるんですね。
今は安定していますが、上下に激しく動くような相場になるとなかなか気が休まらないかもしれませんね。

これからもがんばってください。

lmoreさんへ

こんばんは。

結構余裕見ているので、7円ぐらいの変動までゆっくりできます。
リーマンショックぐらいの相場変動なら注意も必要でしょう。

amkei