勝率20%でも勝てる 勝率80%でも負ける

トレード収支結果【毎日】
12 /12 2011
FXの勝率を考えてみました。

勝つか。負けるか。普通に考えれば半々です。
しかし、勝率20%でも儲けがでることもあり、逆に80%でも損失がでることがあります。

勝率20%でも儲けがでる?
これは、負けの損失を極力少なくし、勝ちの利益を最大限に出すパターンです。
負けの数が多いため精神的に耐え抜く必要があります。
最大のキーは損切りの的確さになります。

勝率80%でも負ける?
これはFX初心者に多く見られがちです。
負けるのが嫌でマイナスでは決済せず、利益が出るまで塩漬けし、利益が出れば決済する。
これなら勝率100%ですが、問題はロスカットです。
ある1回の負けが資金を食いつくし退場となるのです。

私のトレード手法は、1回のトレードで利益も、損失もほぼ同じなのです。
だから勝率50%ならプラマイゼロなのです。
(スプレッド、すべりを考えなければ)

つまり、勝率50%以上で利益がでる訳で、私の勝率は約70%です。
これが毎月確実に利益が出ている訳なのですが、この差20%を出すには…

なかなか言葉では説明できないものです。
じっくり文章にしてみたいです。


12月12日(月)   「米ドル/円」40Lot - 「ポンド/円」20Lot

【米ドル/円】 0勝(+0pips) 0敗(-0pips) 合計(+0pips)
【ポンド/円】 0勝(+0pips) 1敗(-8.2pips) 合計(-8.2pips)

本日収支 : -16,000円

TOTAL資産 : 1,963,650円
このトレード手法は コチラ で解説!!


本日のトレードは…
21時55分 (負け) M字型狙い


キレイに逆方向。

実は7連勝中でしたが…

仕方がない連勝STOPです。



2011年12月12日実践チャート

コメント

非公開コメント

勝率が統計的な意味を持つくらいの母数を持つまで同じ手法を実践するのは難しいですが、勝率と損切り利確バランスの設定もなかなか大変ですね。

損切りと利確が同じ金額ということは、スプレッドを考えると、よりハンディを背負っていることになりますね。そんな中での勝率70%はすごいです。